フォントについて

◆フォント(字体)を変えればもっと格好良くなります。

見栄えの良いPOPやチラシを作るために、やはり太めで格好良いフォントが必須です。
どんなにレイアウトや文章やデザインに凝っても、Windowsに付属のフォントしかないと、、、、厳しいです。

ホームページの場合は、WindowsやMacOSに最初から入っていないフォントは、
画像に変換して掲載します。そうしないと、そのフォントを持っていない人が見ると、MSゴシックなどに置き換えられてしまいます。

格好良い日本語フォントでも、数字や英字は格好悪い場合があります。
そのようなときは、数字と英字の部分だけフォントを変えて使います。

私は、常日頃から数字と英字は欧文フォントを使用しています。

◆フォントの話をもう一つ
Windows VISTAやWindows 7でしたら、メイリオというフォントが
付属しています。

XPの場合はマイクロソフトのサイトからダウンロード出来ます。
数字や英字もけっこうシャキッとしていますが、普通のフォントと比べると
行間が広めになります。

メイリオとは明瞭の意味だそうです。

最近では、メイリオを使ったホームページが増えてきましたが、
メイリオのインストールされていないパソコンで見るとMSゴシックのままになり残念だったりします。

弊社のサイトでも、メイリオを使ったページが増えています。

実は、旧来のページはMSゴシックをメインにして、数字や英字はVerdanaという
フォントを使用しているので結構面倒でした。

Verdanaは、WindowsだけでなくMACにも標準で付属しているフォントです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です