ホームページ制作は社長中心で進めよう。

 
中小企業のホームページ制作は「社長」が中心となって進めよう。
 
ホームページの制作を部下に任せる経営者の方がいらっしゃいますが、絶対に損だと思います。
 
経営者がホームページ制作に真剣に取り組むことは、今後の会社経営にも有利になります。
 
「ホームページについて」「ホームページの運営について」「Webマーケティングについて」
学ぶ、またとないチャンスです。
 
ホームページは、会社案内の役割だけでなく、広告宣伝(チラシ、雑誌広告、他)の役割も兼ねます。
しかも
こまめに更新することにより、いつでも最新に保つことが出来るので、
 
ホームページを起点にすることで、デジタルの良いところを活かして経営を改革することができます。
 
ホームページ制作、リニュアル時は、是非とも社長がリードしていただきたいと思います。
 
 
 
例えば、
ホームページ制作の責任者が社長ではなく、担当者になっていると、
 
・担当者は最終的には社長の了解をもらうので制作がスムーズに行かない週もある。
 
・社長の指示により、途中で大幅変更になることがある。
 
・ほぼ完成という段階なって社長または、上層部の意向でデザインがやり直しになることもある。
 
・デザインよりも大事なことがあることを伝えたいのですが、社長に直接でないと上手く伝わらないこともあり苦戦する。
 
・担当者に、完成後の運営方法や更新の方法を教えたにもかかわたず、ほとんど手が付かないことも。
 
 
 
 
 
 

Follow me!