キーワードと宣伝文とコメントPOP

売上アップを目指しているネットショップの場合、

アドワーズ広告(クリックされる毎に課金される)をやるにも、 SEO対策をやる場合にも、先ずは「キーワード選び」がポイントになります。

「キーワード」が売れ行きを左右するので、それはもう一所懸命に考えます。そして試します。

ユーザーはどんな言葉で検索するのか? ユーザーの心理を想像しながら考えます。

こちらの都合や考え方は関係ありません。 あくまでも、ユーザーの気持ちになって最適なキーワードを探っていきます。

 

『検索キーワード = ニーズ』 『検索=質問』

 

キーワードが決まったら、次は『宣伝文』を考えます。

宣伝文の内容によって、ユーザーはクリックするか、しないかを決めます。

ところで、せっかくクリックされても、購入にいたらないこともあります。 いくらクリックされても、一つも売れないことだってあります。

クリック単価が300円の場合、1日に100回クリックされたら、 売れても売れなくても3万円かかります。

ですから、ネットショップでは必死に真剣に、最適キーワードを探し求めます、、、 ここまでの内容、、、何か感じませんか?

 

CDやDVDをプッシュするためにこしらえるコメントPOPの 作り方に応用出来そうではありませんか?

そうです、先ずは、キーワード=(キャッチコピー)で いかに注目を集めるか、、、

次に本文で、「借りて観てみたい」と思ってもらえるか、、、 該当ソフトを手にとってもらえるか、、、

コメントPOPを書く時は、ネットショップのWEB担当者が、一所懸命、ユーザーの心理を想像しながら、キーワードを選び、宣伝文を書くように、、、ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です