Webとリアル店舗の入口

レンタルショップがホームページを作るとしたら、

*「新規入会促進」に役立つことが一番の目的。
*二番目が、「既存会員のフォロー」としての情報発信。

まずは、ユーザーがTOPページを見て

「なんだか、面白そうなお店だな、行ってみよう!」と思ってもらえるように工夫を凝らす。

そのために、トップページに

(1)キャッチコピー(お店のコンセプト、経営方針、売りの部分)
(2)今現在、実施中のキャンペーン、コーナー展開など、、
(3)最新ランキング(CD、DVD、シングル、コミック、、、)
(4)本日入荷新譜、新作、、、近日発売情報、、、
(5)入会方法、サービス案内、、、
(6)メール会員登録フォーム、、、

これらの優先順位を考慮して、ユーザーの目線を意識してレイアウトしていく、、、 時には、優先順位が変わることもありますよね。

大々的なキャンペーンを実施するときは、その宣伝が一番目立つところに配置しますよね。

場合によっては、TOPページには、キャンペーンの案内だけを載せたりもしますよね。

 

ホームページを作るときには、

お店の経営方針、方向性、 どのようなお客様に来て欲しいのか? など、経営の基本から考えて作ります。

このようにして作ったホームページのTOPページには、お店の魅力(強み)が凝縮されているはずです。

「これをホームページ上だけに置いておくのは勿体ない!!!」

ここで、リアル店舗に目線を移してみます。

外側からお店の入り口を眺めて見てください。 ホームページのTOP画面と比べて見てください。

どうですか? あなたのお店では、ホームページで表現していることがお店の入り口にありますか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください