売上を上げつつ仕入れを絞るデータ活用法

【この話、最初は信じられませんでした。】

それスゴい発見です!

売上を上げつつ仕入れを絞るデータ活用法

コンピュータのデータを分析して仕入れたら、(売上180万円)が1年後には(270万円)1.5倍にアップ。

仕入率40%前後(72万円)が、1年後には25%(67.5万円)を切るようになって、

粗利益は(108万円)から(202.5万円)、約2倍に。

それが、コンピュータのデータをFAXで送ってもらい、電話でやりとりするだけ(遠隔運営)だったと言うのですから。

 

その仕組みはいたって簡単。

仕入れた新譜をそのままにしないで、適正在庫数になるまで追加発注をする。

そのためにコンピュータのデータを使っただけでした。

1985年頃のお話です。

 

 

古都鎌倉で30年間続いた! 伝説のビデオレンタル店から学ぶ遠隔経営術 Amazon.co.jpによる 詳細はこちら:

 
 
 
 

Follow me!