良き日本語変換システムは日本の宝

 

日本語は、ひらがなかローマ字で入力したあと変換しなければなりません。英語圏では、アルファベットを入力するだけで済みます。明らかに日本語は、変換する手間と時間がかかります。

日本語では、数字やカタカナ、記号も全角と半角があり、その使い分けも統一されていないので面倒です。
個人的には、数字や記号は半角にすることにしています。

日本では、文字入力時に手間と時間がかかるためIT化、DX化、デジタル化に関しても不利です。
(アルファベット記述がメインでない韓国や中国も同じですよね。)

今更、ひらがな、漢字、カタカナを無くすわけにもいかないし、日本語を禁止することも不可能ですよね。

このあたりをどなたか天才の方に解決策を考案してもらいたいです。

日本語は変換が必要というだけでも不利なのですから、せめて抜群の変換効率のものを使うべきだと思います。

Windowsに標準付属している「Microsoft IME」ですが、そもそも、マイクロソフト社が日本市場を大事に思っていないのか、IMEは進化していないのかも知れません。

「Google日本語変換」や「ATOK」使い比べるとその差は歴然。
長文を入力して一気に変換するのであればATOKが良いと思います。が、もしかしたら、Windows側はATOKを歓迎していないような気がします。
ネット状でよく使われている固有名詞やキーワードの変換が得意なのはGoogle日本語変換のほうかも知れません。

いずれにしても、変換効率の悪いものを使い続けるのは労力の無駄でしょう。
あと、Windowsを起動したら、デフォルトで日本語変換機能がオンになっているといいのに。私、毎回、入力してみて、「あぅ、日本語変換になっていない」、左上の「半角/全角、漢字」キーを押しています。

あとキーボードですが、日本語配列のものと英語配列のものがあります。
英語配列のものには、「半角/全角」キーがありません。
「P/せ」キーの右側に@マークもありませんので注意。

また、カーソルキーが使いにくいレイアウトだったり、テンキーが付いていないキーボードもイマイチかと思います。
ノートパソコンの多くはテンキーなしなので、入力作業の多い方はやはりデスクトップパソコンが必須ですよね。

あと、ショーカットキーが使いやすいキー配列のものがお勧めです。
Ctrl+Home(ページ先頭へ) Ctrl+End(ページ最後へ) Ctrl+Z(戻す) Ctrl+C(コピー) Ctrl+V(貼り付け) Ctrl+A(全部選択) Ctrl+F(検索) 

マックのパソコンも人気ですが、Apple日本語IMは、なかなかだそうです。
iPhoneで入力していてスゴイと思うことも確かにありますよね。

というわけで、できるだけ優れた日本語変換を使おう!
また、日本語変換がさらにさらに良くなりますように!

 

デジタル化の応援します。
Call me!

 

 

 

 

Follow me!