お店も会社も、今後は通常の営業努力だけでなく、オンラインでの営業も加えよう!(ブログ、ホームページ、Youtube、SNS、他)

 

ホームページの作り方、2パターン

一般的なホームページは、htmlやホームページ作成ソフト等を使って作り、 パソコン内に保存したデータをサーバーに転送します。ホームページの修正や更新も、データを保存してあるパソコンで行い、 変更分のデータをサーバーに転送する必要があります。

これに対して、 WordPress や XOOPS、Movable Typeというプログラムを 使ったホームページは、最初からサーバー内にプログラムを組み込んでから 作ります。ですから、修正や更新作業はどこからでも、どのパソコンからでもOK。 (遠隔操作でやっている感じです。)

もちろん、誰でも修正等が出来るといけないので、 IDとパスワードでサーバーにログイン(入る)する必要があります。ブログに記事を投稿するのとほぼ同じです。

このようなホームページのことを CMSコンテンツ・マネージメント・システム)と言います。

ホームページ制作業者にお願いした場合、通常のホームページより費用は高めになりますが、後々のことを考えると、更新する度に費用が発生しないのでお得ですし、何より積極的に修正・更新をすることでホームページを魅力的にしていく事が出来るのでオススメです。

WordPressワードプレス) オープンソース(無料)で人気です。 デザイナー系の方に好んで使われているようです。 このサイトもWordPressで作っています。

XOOPS (ズープス) 権限管理(例えばIDとパスワードを持っている人だけが閲覧・利用出来る ページを作る等)が細かく設定出来るのが特徴。 問合せフォーム、データベース検索機能などいろいろなモジュールが 用意されています。

MovableType (ムーバブル・タイプ) 元々ブログ用に開発されたもの。個人でブログ用に使う場合以外は有料で、 初期6万円~、年間1万円~

 

 

何をやりたいかによって、使うプログラムを選ぶと良いですよ。ご相談にも応じますので、お気軽にご連絡下さい。

ほとんど更新されていない、勿体ないと思うホームページがあればリニュアルをオススメ下さい。

「CMSにするといーらしい」って。