儲かっているお店は、やはり広告宣伝を重視しています。

1-9-2お店の正面上部にある正面看板、袖看板、置き看板、A型看板、
駅中や線路沿いにある駅看板、最近ではLEDで動画を流せる
タイプの置き看板もありますよね。

のぼりも使います。
1本だけでなく複数本並べてニギヤカにします。
新聞折り込みや、地域のコミュニティー誌にも広告を出します。

先ずはお店の存在を知ってもらいたいからです。
次に、行ってみようかなと思わせるように工夫します。

「何年経っても、近所の人ですら、自店のことを知らない。」
ということを前提に、広告に力をいれています。

できれば、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ広告もやりたいのですが、
かなりのお金がかかるので、ハードルが高いです。

そして、ご承知の通り、今やインターネットの時代。
ホームページを中心として、ブログ、SNS、メルマガなどの
メディアでいくらでも宣伝ができるようになりました。

毎日ブログを書く、Youtubeに動画をアップする、SNSやメルマガでも紹介し、ホームページに来てもらう。
ホームページで、メルマガ登録をしてもらったり、
商品やサービスを購入してもらったり、
資料請求、問合せをしてもらう。

これらに、SEO(検索エンジン対策)やPPC広告、
facebook広告を加えて大量露出を図り、
ホームページへのアクセスを増やす努力をする。

これが現在、頑張っている士業、コンサルタント、
フリーランサー、起業したての方、個人事業主の方の
スタンダードな広告宣伝手法となっています。

アナログの時代から、儲かっているお店は
広告宣伝に力を入れています。
デジタル時代になっても、方法は違えど、
やはり広告宣伝に力を入れています。

日々のブログ投稿、メルマガ、SNS、Youtube投稿も
大雑把に捉えると、目的に向かっての広告宣伝活動です。