【キャリア、実績、知識】

  • 営業用、商用、ECサイトの場合は、経営者や営業部長クラス、店長クラスの方が主導することが望ましい。
    売上を作る仕事を実践している方が主導権を握るべき。(ネットやパソコンに詳しい人ではない。)
  • ランチェスター戦略を元に、商品、エリア、客層を絞り込む。(弱者の戦略、小さいエリアで良いので一番を目指す。)
  • マーケティングの知識・実践経験。
  • Web全般の知識。ホームページ運用時に活かす。SNSからホームページに誘導するなど。(Webマーケティング、SEO対策の現状、SNS、ブログ、メルマガ、パソコン、インターネット、Google、アクセス解析、決済サービス、、、)

【技術】

  • ホームページ制作ソフトの習得(ホームページビルダー、ドリームウィーバー等)、または、WordPress(CMS)などの使い方習得。
  • グラフィックソフトの習得(Photoshop、Illusutratorなど、)(写真加工、画像の編集方法)
  • 動画や音声データの加工・編集ソフトの習得。
  • コーディング、プログラミング、HTML、CSS、(php)、他、についても、出来れば習得しておく。
  • セキュリティ、レンタルサーバー、ドメイン等に関する知識

【企画】

  • ホームページの制作企画が出来ること。
  • コピーライティングのノウハウ。
  • キーワードの選定方法、活用方法。
  • デザイン(レイアウト、タイポグラフィ、カラーリング)の基本、スキルの習得。
  • ネット広告の運営ノウハウ(facebook広告、PPC広告、、、)

ホームページは、出来れば自分で(自社内で)作った方がいいです。
しかし、そのためには、いっぱい覚えることがあります。
時間がかかりますよね。
ですから、当初は制作会社にお願いした方が速いです。

ただし、自分で更新できるように、
教えてもらっておきましょうね。

更新も制作会社に頼まないといけないという契約など、
呉々も結ぶことのないようにご注意下さい。