印刷物を作る場合は、先に期限が決まっていて、それまでに原稿を仕上げなければならない。

そして印刷物ができあがってきたら、もう変更は効かない。

そういうのに慣れていたので、当初ホームページを作ったときは正直戸惑った。

 

ホームページ制作は、当初の公開日を決めて、それを一応の期限として作っていく。

ここまでは原稿の締め切りがあるというイメージなのですが、 実はその後も内容はどんどん更新していくことができる。

というか、更新していかないとアクセスが減る。

 

この違いは、ちょっとしたパラダイムシフトである。

 

ホームページは更新するもの。

更新しなければならないもの。

完成はない。エンドレスなもの。

 

アクセスアップ、成約率アップ、問い合わせを増やす、、、 そのためには、常に最新情報を加えていくこと。

間接的には、ブログやFACEBOOK、Twitter、YOUTUBEなどを更新して、 ホームページに誘導する。

逆にホームページにはブログを更新しました、、、など更新情報を載せておく。