ブログのネタがないとお困りの方へ、キーワードをリスト化しよう。
SEO対策を始める前に、キーワードをリスト化してから考えよう。
どのキーワードがお客様のニーズをすくい上げるのに効果的かを考えよう。
BIGキーワードより、キラー・キーワードを探そう。

 

 キラー・キーワードって何?

キラー・キーワードとは、あなたが理想とするお客様(あなたの商品・サービスを利用して欲しい1個人をイメージする)が、あなたを探すためにGoogleの検索窓に入力するであろうキーワード、または複合キーワード。

「ダイエット」「FX」「居酒屋」「美容室」などのように多くの人が検索に使うビッグキーワードとは違います。

ビッグ・キーワードでSEOをかけて、検索結果の上位に表示されると、アクセスは増えますが、成約率はかなり低くなります。

ビッグ・キーワードはライバルがとても多いので、SEO対策をしても上位に表示されるのは大変です。

PPC広告などを利用する方が時間の節約になりますが、広告単価はそれなりに高くなります。

 

キラー・キーワードは、理想とするお客様だけにマッチするので、アクセスは少ないかも知れませんが、成約率は劇的に高くなります。つまり超効率の良いキーワードです。

スキマ・キーワードなので、(ライバルがいない)SEO対策も簡単に出来ます。

PPC広告などを出しても(広告単価も低い)、もっとも効率よく成約します。

 

http://goodkeyword.net/

http://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

 

キラー・キーワードは1つ、1組とは限りません。
「Webサイト」「ホームページ」「Web」「ウェブ」「HP」、、、
(同義語、類義語、カタカナ、ひらがな、)

キラー・キーワードで、検索上位にライバルがいる場合、(あなたと同じ特徴の人がいる場合)あなたの特徴(ポジショニング)をもう少し絞り込む必要があるかもしれません。

キラー・キーワードは、①絞り込んだお客様に②最適な問題解決策を、探してもらうためのキーワードです。

キラー・キーワードは、「みなさ~ん」と呼びかけるのではなく、「○○さんだけに」ラブレーターを書くときにふさわしいキーワードです。

 

キラー・キーワードの見つけ方

・最初に、あなたの商品・サービスをリストアップします。

Web制作 Webコンサル、ランディングページ、ショッピングサイト、ポータルサイト、法人用、個人用、更新代行、保守サポート契約、SEO対策、ネット広告代行、サイトリニュアル、デザイン、ヘッダ制作、バナー制作、スマホ対応、WordPress化、CMS化、ドメイン・サーバー、メルマガ配信、ステップメール、SNS連携、動画、、、

 

・それらを出来るだけ細分化し、キーワードを書き出しリスト化する。

Web制作・・・サイトの目標設定、市場の絞り込み、ターゲットの絞り込む、商品の絞り込み、ライバル調査、キーワード調査、ポジショニング設定、戦略設定、Webサイトの役割、サイトの設計、デザイン、コンテンツの制作、写真、動画の準備、動作チェック、、、

 

・それらのアピールポイントを書き出す。

・それらのキーワードで検索して、ライバルのサイトを調査する。同じキーワードについてどのようにアピールしているかを参考にすることができます。

 ⇒ これらを元にSEO対策を施すのもアリです。

・次に、商品・サービスをどのターゲットに利用して欲しいのかを考える。絞り込む。

 地名と組み合わせる

 予約、見積もり、相談、申し込み、通販、、、などのキーワードと組み合わせる

 ○○する方法、の選び方、やり方、ランキング、比較、初めての、、、などと組み合わせる。

・商品 × ターゲット それぞれのキーワードの組み合わせを考える。

 

このようにして、キーワードのリストを作り、分類・整理します。
このリストを元に(キーワードを元に)記事を書いていきます。
いくつか記事を書いたら、Google Analyticsで、どの記事がよく読まれているかデーターをチェックします。
もっとも読まれている記事(キーワード)についての記事のバリエーションを考え、記事を増やしていきます。
Google Analyticsで、時々チェックします。
良く読まれている記事のバリエーションを考え、記事を増やしていきます。
これが基本です。
成約率が伸びないようでしたら、根本から(キーワード選択から)考え直します。

これらのデーターや結果をWebサイト全体を見直すために応用します。
Webサイトのメインのキーワードは大丈夫ですか?