「スキルアップ」につて考えたことありますか?

POPやコメントを書くスキルなど、、、

お店のスタッフの仕事で最も大事なのは、お客様に取扱商品の魅力を的確に伝えることですよね。

単なるスペックだけでなく、どのように役立つかとか、楽しいかとか、、、 お客様に気に入ってもらえるようにすることですよね。

直接、接客しながらのこともあるでしょうし、 間接的にPOPやコメントカードで訴求することもあるでしょう。

POPやコメントカードで、いかに商品の魅力を伝えるかを日々追求していると思いますが、 果たしてそのスキルは磨かれているのでしょうか?

おそらく、なんらかの仕組みがないとスキルアップは望めません。

端的に言うと、誰かに見てもらって、評価してもらわなければいつまで経っても変わりません。

お客様がPOPやコメントの内容について、なんらかの批評をしてくれるのであれば良いのですが、ほとんどお客様は何も言いません。 ですから、これで良しとしてしまえば、その先の成長はありません。

 

プロの文筆家、作家でも、最初は編集者にボロクソに言われて、何度も何度も書き直しをやらされます。 自分が自信を持って書いた表現を、あっさりカットされることも多く、最終的には最初の文章とはまるで違ったものになることが多いものです。

我々、シロウトが最初からまともな文章が書けるわけがないと 軽く考えましょう。変なプライドなどない方が得です。

ではどうするか? 文章を書いたら、必ず誰かに読んでもらって、修正を入れてもらう事です。 誰に何を伝えたいのか、、、どのような視点で伝えたいのか、、、 分かりやすい文章になっているか?(小学生でも分かるような文章か?)

『POPやコメントを書いたら、必ず誰かにチェックしてもらうこと。』 できれば複数の人がチェックすること。 必ず修正してから店頭に貼り出すと決める。

最近では、ツイッターやブログ、フェイスブック、ホームページなど に投稿するときにも、事前のチェックが欠かせません。

ヘタをすると炎上して、お店の評判があっという間に 落ちることだってあり得るのですから。

せっかくお店に勤めているのですから、何らかのスキルを磨かない手はありません。 私は、文章を書く力、コピーライティング力を磨くことをオススメします。 仕事が更に楽しくなります。